近年深刻化している「アライメント(関節配置)障害」に対し解剖学的観点から根本的治療を展開します。

コース内容

交通事故・労災にも対応しております。お気軽にご相談ください。

診療時間

ご挨拶

 昨今、若年層の労働者にも筋骨格系障害が多く見られるようになりました。

筋骨格系障害とは、長時間に及ぶデスクワークや前傾姿勢や同じ姿勢、頻回の動作、作業姿勢などで 四肢体幹を含む脊柱(背骨一帯)から骨盤にかけ至る歪みや湾曲、猫背などの不良姿勢を招き、 痛みや自覚が無いうちにアライメント障害(関節配置異常)を起こします。
やがて軽微な動きでも痛みを発したり、部分的に関節が動かなくなってしまう等の症状を伴い、国内では病名の付かない筋肉関節の障害のことであり、 変形や神経障害に発展するケースも見受けられ、欧州では労働力低下につながるため、深刻な職業病問題ともされております。

 例として、上位肋骨高位(頚肩の付け根の肋骨が上がったまま)は単なる肩こりと間違われ、マッサージでは治らず、 次第に首が前に出てきて頚肩痛が重くなる症状や、頭から肩背中にかけての筋膜(筋肉の膜)が縮んで突っ張り、 筋膜性の頭痛を伴うなどもあります。
更には、腰背部骨盤の歪みからくる腰痛や背部痛、関節の変形、関節の不具合、 手指・腕・膝・足の痛み、腱鞘炎、バネ指、五十肩、自然に治らない関節痛など、 症状は様々です。
これらの症状は、先端技術を使った特殊手技で関節から治すことこそが、解剖学的に根本的な治療といえます。

 皆様の筋肉骨格は一生涯でたった一つしかありません。
その大切な身体を早期に治し、良い状態で一生涯使い続ける必要があります。 当院では関節の腫れや痛みをその場で取り除く除圧手技という技法や、 西洋医学から来た関節モビライゼーションというテクニックをいち早く採用しております。

 先端技術を生かし、多数のケースに幅広く対応させて頂きます。皆様のご来院を心よりお持ちしております。

Instagram

診療時間のお知らせや院内のことなど Instagram に載せてます。
@4jyo_seikotsu




  • マニュアルセラピー(徒手療法)とは
  • 超音波治療について
  • 院案内・交通アクセス
四条富小路整骨院
住所/
京都市中京区富小路
四条上ル西大文字町616
富小路ビル3F
  • tel/ 075-253-0075
  • fax/ 075-253-0076
  • 阪急京都線河原町駅から徒歩5分 地下鉄烏丸線四条駅から徒歩7分
  • アメーバ スタッフブログ
  • facebook

トップページへ戻る